​ヘアマニキュアで髪が染まる仕組み

ヘアマニキュアは髪が痛みにくいと言われています。それはなぜなのでしょうか?

​その仕組みを分析するとこうなります。

 

​プラスとマイナスがくっつく磁石のようなものです。

​髪の表面は通常 ➕  プラスの電荷をもっています 

マニキュアの染料は​ ➖ マイナスの電荷をもっています。

マニキュアの染料は 一つ一つの分子が大きいため髪の中まで浸透できません。

なので、髪表面の浅い部分に染まるのです。

髪の内部を破壊する事はないので、髪内部のダーメージはほとんどありませんが、マニキュアをしすぎると、爪に塗るマニキュアと同じで、爪の表面のようにパサパサになってしまう可能性があります。

​アレルギー反応もほとんどありません。

ただ、髪を明るくする事は出来ませんし、色持ちはヘアカラーに比べて若干悪いです。