​髪が染まる仕組み

​髪の毛って一体どうやって染まっているの?と疑問に思われた方はいらっしゃると思います。

​そんな髪が染まるメカニズムをご紹介します。

 

ヘアカラー(アルカリカラー)

おしゃれ染め

白髪染め

​の場合

​1剤と2剤を混ぜてから髪に塗布していくタイプです。

​ところで1剤、2剤とは?

​1剤にはいっているもの

  

​染料

皮(キューティクル)を開く薬

​(アルカリ剤)

​水

​2剤にはいっているもの

                   

​過酸化水素水

​水

​混ぜると

​▼

​1剤と2剤が混ざるとそれぞれ中に入ってるものが化学反応して髪が染まります。(活性力の強い酵素がでます。)

​仕組みはこうです。

​アルカリ剤が皮(キューティクル)を開きます

​もともとある髪の黒色(メラニン色素)

​薬剤を髪に塗ると  ▶︎

​薬剤を髪に塗る前

​染料が髪の中に入って行き、酸化すると発色します。

​髪の黒色(メラニン色素)が分解されるので髪の色が薄くなります。

​脱色と発色が行なわれます。

髪質に合った薬剤を選択し、1剤と2剤を調合することで、ダメージを極力減らす事ができます。​

薬剤選択を間違えると、髪が必要以上に痛む原因となります。

  • Unknown-2
​← 髪についてのご相談はこちらから。

 

 ACCESS                                                                               OPEN { Thurs-Fri }10:00-20:00{ Sat }9:00-19:00{ Tue,Wed,Sat,Sun,  }9:00-19:00

 31-1Higashimarunouchi Tsu MIe Japan    TEL  059-228-3632           CLOSED Weekly Monday1 . 3 Tuesday

 

 

Copyright©2015 imiu All Rights Reserved.